湘南移住ポータルサイト|ザ・湘南物件タイムズ

金盞香(きんせんかさく)

七十二候の【金盞香(きんせんかさく)】の時節になりました。「きんせんか」といっても春に咲くキク科のキンセンカのことではなく、水仙を指します。「金盞」とは金の盃のことで、水仙の黄色い冠がまるで金の盃のようなのでこのように呼ばれるそうです。寒い季節に雪の中でもけなげに咲くので「雪中花」とも呼ばれます。水仙が芳しい香りを放つ頃ということですね♪

Today's One
「海、江の島、富士山。遮るものは何もありません。」

ここを訪れた方が一番驚かれるのが、視界を遮るものが無い眺望です。海に浮いた江の島と富士山が眼下に広がる景色を得られる立地はそうそうないでしょ?南に向かってひな壇になっている土地なので日当たりも申し分なく、庭や家が道路より数メートルも高いので人の視線を気にすること無くプライベートな時間を過ごせます。

また、敷地のまわりを囲う石造りの凝った擁壁は、先住の方が作られたものですが、なんでも土地購入価格の数倍もの費用をかけてお造りになられたとのお話でした。 そして庭には、ぐるりと高い網が張り巡らされておりますので、犬猫を放しながら、庭いじりを存分に楽しませて頂きました。

ただ、庭いじりを全部、ご自身でやりたいとお考えの方には、お一人ですと体力を 要しますことをお伝えしておきます(笑)。 

今回、双方の両親が年をとり、行ったり来たりの生活になりつつあるため、思い切って横浜に帰ることに決め、売却する運びとなりました。築30年近い家は積水ハウス施工の簡易な物ではありますが、大きなダメージはありません。しかし、私どもが、素人考えで中途半端ないじりをいれております事を考慮し、土地として扱っていただいておりますので、よろしくお願いいたします。

(続きを見る)
その他の物件は・・・> ・・・で見られます。
物件速報!