湘南移住ポータルサイト|ザ・湘南物件タイムズ

正月始め★

本日12月13日は【正月事始め】です。
「煤払い」や「松迎え」など正月の準備に取りかかる日とされています。昔の日本家屋は囲炉裏を使っていたので、家中についた煤を綺麗にするのが煤払い、大掃除のルーツであるといわれているそうですよ♪門松にする松やおせち料理を作るための薪などを山へ取りに行くのもこの「松迎えの日」だったそうです。

Today's One
「自然豊かな場所でのびのびとお過ごしください。」

ダイナミックな富士山!(オーナー様より写真提供していただきました。)

担当者:この家のアピールポイントを教えてください。

オーナー様:間取りが10LDKと部屋数が多いことと、室内がバリアフリー設計となっているのが自慢です。部屋数が多いので使い道をどうするか悩まれる方もいらっしゃると思いますが、私たち4人家族は、子供部屋以外にも書斎や趣味の部屋として一人ひとりにマイルームができました。客室として使えるお部屋もたくさんあるので、子供の友達が大勢泊まりにくるときは合宿所のようになっていましたけど・・(笑)。お部屋の窓を開ければ爽やかな風が舞い込み、葉ずれの音が心地良く耳に届きます。天気のいい日は竹林を眺めたり、緑の香る澄んだ空気に包まれながら読書を堪能したりと都会では考えられない贅沢。また、人目を気にすることなくカーテン要らずで生活することができ、自然をそのまま楽しめるそんな贅沢な空間に心から満足しています。     
      
担当者:暮らしてみてわかったことは何かありますか?

オーナー様:子供の農業体験で三浦市へ来たのがきっかけなのですが、当時は都内でマンション暮らしをしていたので、ここを訪れたときは、「なんて静かな環境なんでしょう」!と感動しました。都心の暮らしに慣れた感覚からすると、何もない田舎生活は不便なのかなと思いましたが、いいえ!むしろ住みやすかったです。ここから三浦海岸駅まで歩いて7分ですし、乗り継ぎなしで都内まで座って行けるので通勤・通学も苦になりません。また、暮らしてみていろいろな発見がありました。まず、2階のお部屋から双眼鏡を使わなくてもバードウォッチングができること。さらに嬉しいのがフルートを奏でるとウグイスが反応してくれます(笑)。そう!グランドピアノを置いているピアノ部屋は防音室にしていなくてもご近所さんに迷惑をかけることなく、好きな時間に楽器演奏ができます。そして自然と共に生活をしている人達の、何気ない日常の一コマが、とても新鮮で美しく早朝畑に出て、野菜を収穫する人や、夕暮れに田んぼのあぜ道を犬と散歩するおばあちゃんなどほのぼのしている光景に喜びと幸せに包まれます。また夜になればお月様や星の明かりがとても綺麗に見え、ここでしか味わえない感動のロケーションが待っています。そういうのがこの家ならではの楽しみなのかなと思います。      

担当者:これからここに住まれる方へメッセージをお願い致します。

オーナー様:三浦海岸駅から三崎口駅間には、約1000本の河津桜と共に菜の花も同時に咲き並び、色とりどりの景色や春の香りを楽しめます。夏は三浦海岸で海水浴やウィンドサーフィンなど海のスポーツをやる方にはもってこいの場所です。そして、三浦は温暖な気候ということもあり、落葉樹の葉が紅色に色付く最も美しい見ごろは12月なんですよ。ここ三浦市は自然が多いエリアなので屋外での楽しみがたくさんあり、また、漁師町ということもあり漁港には新鮮な魚や三浦の美味しいお野菜など豊かな食と自然に満ちたスローライフを楽しめる場所です。都会に薄れつつある住人の温かいふれあいやこの環境と地域を好きになってくれる方に住んでいただけたら嬉しいです。

(続きを見る)
その他の物件は・・・> ・・・で見られます。
物件速報!