鎌倉山❀

20代の頃からロンドンに行き実業家として活躍していた菅原通濟(すがはらつうさい)は、35歳の時に日本自動車道株式会社を設立し、鎌倉山の別荘地開発に着手しました。
日本で始めて、電気、上水道、電話のライフラインを完備した分譲開発は話題を呼び、近衛文麿首相や岩田宙造司法大臣、テナー歌手の藤原義江などの著名人が買い求めました。
鎌倉山という名前すらなかった丘陵が一躍、高級別荘地として生まれ変わった一大プロジェクトはどのようにして生まれたのでしょう?
それは、通濟が29歳の時にさかのぼるのです。。
その頃長谷の大仏裏に住んでいた通濟は鎌倉常盤に自宅を建てようかと考えていました。
そんな時、ドイツ人の貿易商クルト・マイスナーと共に深沢の丘陵(現鎌倉山)を散策していて、西は江の島、東は逗子を眺めることのできる景観のよさに改めて感心しマイスナーのすすめもあり、ここを高級別荘地とすることに決めたのでした。
クルト・マイスナーは20歳の頃にジーモン・エーヴェルト商会の日本駐在員として来日し、大戦後も日本に住み続けた人で、ドイツ東洋文化研究協会の会長も務めていました。
獣道のような道無き散歩道を歩きながら、二人は何を想い何を語ったのでしょうか。。。
あれから約100年後の今、この美しい桜並木を想像できたでしょうか。
※鎌倉市老人クラブ連合会発行「みらいふる鎌倉会員広報誌第60号」参照
DSC_0793
鎌倉市鎌倉山  最寄駅:湘南モノレール「深沢」駅。

湘南で家さがしならこちら

本日オープン「Pacific DRIVE-IN」☆

本日12時からオープンした七里ヶ浜駐車場「Pacific DRIVE-IN(パシフィックドライブイン)」☆
快晴に恵まれて、行列ができていますが穏やかな空気が流れていました♪
開店前から続々と人が集まり、少し早めにオープン。
順番が来て、レジでまず注文、オープン記念の貝の形をしたかわいらしいコースターとパンケーキとデリのイラストが書かれたステッカーをもらい席に着くと、間もなく注文した料理が運ばれて来ました!
開店したばかりなのに親切でスムーズな接客に感動!
店内は、全体的に白い壁と木の柱とテーブルがシンプルで、ところどころに飾られた絵や写真は、さりげなくお洒落でセンスの良さを感じます。
(壁にかけられた絵は、ロンドン在住のアーティスト古武家賢太郎氏の、海と太陽と砂の守り神がモチーフの作品でした。)
大きな窓からは七里ヶ浜の海から江の島までを一望し、店内を流れる心地よい音楽に、テラス席では直接肌にふれる潮風と波の音、ただただ陽気な気分にさせてくれます♪
ランチプレートはどれも1000円前後のお値段でボリューム満点。
パンケーキは葉山にあるワカナパンさん監修のバターの風味を感じるお味。
並ぶのが苦手な方には、お持ち帰りコーナーもあるので、是非そちらもご利用してみてください♪
久しぶりに通い詰めたくなるお店に出会えました(^^)
前回ご紹介したブログはこちらへ→Pacific-DRIVE=IN間もなくオープン☆☆
10849000_870593469703530_7595370469552830895_o
Pacific DRIVE-IN
鎌倉市七里ガ浜  最寄駅:江ノ電「七里ヶ浜」駅。

湘南で家さがしならこちら

484cafe☆

「484cafe(ヨンハチヨンカフェ)」。
藤沢駅北口に新しくオープンしたグリル&ビアーのお店です。
484とは何かと思ったらここのお店の住所が藤沢市藤沢484だったのですね~!
しばらく工事をしていたのでずっと気になっていたお店でした。
お店の造りは1Fがカウンター席、2F、3Fはテーブルとソファーのある空間になっていました。
内装はとにかく一つ一つがお洒落です。
たとえば、トイレ入り口の男女のマークがガラス細工でできていたり、よく見るとテーブル席のイスが一つ一つ違ったり、スプーンやフォークの入ったカトラリーのビンがかわいかったり。
こちらのお店の内装のコンセプトが’新しい発想の生まれる空間’ということで頷けました!
ランチタイム看板メニューのビーフシチューのお肉はとろける柔らかさでしたよ。
ラテアートもお得意のようなので、今度はカフェ利用してみたいと思います♪10386912_869765723119638_4915346558711296660_o
藤沢市藤沢  最寄駅:JR東海道線「藤沢」駅。

湘南で家さがしならこちら

穏やかな休日☀

今日は少し歩くと汗ばむくらいのぽかぽか陽気になりました♪
お花見シーズンも重なって、江ノ電の車両は乗るのをためらうくらいたくさんの人を乗せて運行していました。
江の島へ渡る弁天橋の東側では午後になり潮が引いてきて砂浜の道がつながってきました。
明治24年に初めて桟橋がかけられるまで、江の島へ渡るにはこうした干潮時にできる砂の道を歩いていたのですよね。。
この穏やかな陽気にズボンの裾をめくり足だけ海に入る人も。
まだまだ冷たい海水に、歓声のような悲鳴のような子供の元気な声が聞こえてきましたよ(笑)
子供たちにとっては、卒業したり進級したり、まだどこにも属さない宙ぶらりんの春休み。
久しぶりに家族でゆっくりしたり、新しい経験をしたり、新しい学校や学年に向けていっぱい充電してほしいですね♪
さあ、明日はどこに行こうかな!
11096427_868528483243362_8955272721283682294_n
藤沢市江の島  最寄駅:小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅。

湘南で家さがしならこちら

Pacific DRIVEーIN間もなくオープン☆☆

湘南に行ったら絶対訪れたいお店NO1になること間違いなし!
七里ヶ浜駐車場に間もなくオープンするPacific DRIVEーIN(パシフィックドライブイン)にいよいよお店の顔である看板が設置されました!
すでにFBのほうでは2644人のいいねがついた注目のお店。
手がけるのは、七里ガ浜で人気のお店「Bills」を経営するTRANSIT GENERAL OFFICE INC.
湘南にゆかりのある人たちがお店のオープンに多く関わっているので、オープン前ですがすでに愛着を感じてしまいます。
たとえば、お店で提供されるパンは、逗子から葉山に移転したばかりの「ワカナパン」さん、コーヒーは辻堂にあるロースター「27 COFFEE ROASTERS」を提供。
テラスの作成は建築集団 NADAを率いる鎌倉の中村豪さん、そして先ほど設置された看板は葉山にあるデザイン会社「Sankofa」さんとご近所さんばかりなのですね。
お店のグラスやコースター、お持ち帰りのビニール袋まで、お洒落なデザインが施されているようで、楽しみがつきません。
オープン日はお天気が良くなるといいですね♪
10360691_867079093388301_7524404353714116771_n
鎌倉市七里ガ浜  最寄駅:江ノ電「七里ヶ浜」駅。

湘南で家さがしならこちら

古民家で桜を楽しむ♪

枝垂れ桜が見頃をむかえている藤沢市民会館前、旧近藤邸の前庭です♪
ピンクの濃淡が青空に映え、見上げると今にも花びらがこぼれ落ちてきそうです。
旧近藤邸は大正時代に建てられた当時の和洋折衷の代表的な建物で国登録有形文化財に登録されています。
旧近藤邸を設計した遠藤新は、帝国ホテル(旧館)の設計で知られるアメリカの建築家で近代建築巨匠の一人であるフランク・ロイド・ライトの日本での一番弟子だった方で、こちらの旧近藤邸はもともと辻堂海岸にあった近藤賢二氏の別荘だったものを移築したのですが、他にも葉山の加地利夫邸などで遠藤新作の建築を見ることができます。
暖炉を中心とした居間とモダンな和室など、遠藤新氏が目指した、日本の風土に適した味わいのある歴史的建造物から見る桜はまたひとしおです!
こちらは現在一部をレストランとしても営業しています。
10570445_865979763498234_2480108123153058834_n
藤沢市鵠沼東  最寄駅:JR東海道線「藤沢」駅。

湘南で家さがしならこちら

お花見情報❀

このところ寒い日が続いていますね。
日差しが暖かいので、ついつい薄着で出かけてしまい後悔してしまうことありませんか?
ここ湘南エリアはこの週末にいよいよ桜が満開を迎える予想です♪
藤沢の東奥田公園周辺では「桜ふぇすたin南藤沢イータウン」と題したお祭りが29日(日)開催されます。
大通りから一歩入ったところにある為、あまり知られていなかった南藤沢商店街のPRと境川沿いの桜並木を楽しんでおうと地元有志で立ち上げたお祭りで、当日はお花見を楽しみながら、新鮮野菜の直売や名産品の販売、ワークショップ、飲食ブース、大道芸や生演奏などを楽しむことができます♪
すでに多くの人に知られる新林公園や奥田公園、遊行寺など駅から近い桜が有名な公園は、日曜日ともなればたくさんの人が訪れますが、こちらの東奥田公園はまだまだ知る人ぞ知る穴場スポット。
イベントを楽しみながら、日本の春の風物詩’お花見’を楽しんでみてはいかがでしょう。
20781_863642547065289_485247399986407285_n
藤沢市鵠沼海岸  最寄駅:小田急江ノ島線「鵠沼海岸」駅。

湘南で家さがしならこちら

片瀬山△△

その昔、津村(現在の鎌倉市)の沼に住んでいた5つの首を持つ龍は、田畑を荒らし、洪水や台風を起し、しまいには人の子を食べるという悪行の限りを尽くしていました。
そんなある日、天地を揺るがし江の島が浮き上がり、弁財天が天から光臨され、その美しさに一目ぼれした龍は、弁才天に戒められ、心を改めその後は人々を助けるために身を粉にして働くようになった。
そして、その龍の寿命が尽きるとき、「死んでも山となり人々を守り続けます。」として一つの山になったのでした。。。
前置きが長くなりましたが、よく知られている江の島の龍伝説のその山こそ、今は高級住宅街となった「駒立山」「赤山」「目白山」「龍口山」からなる「片瀬山」周辺なのだそうです。
そして龍の口にあたるのが、江の島の対岸にある龍口明神社です。(昭和53年に龍の胴に当たる現在の地に御遷座された日本一の古社です。)
龍口明神社
あくまでも伝説ですが、地図を広げてみると確かに横たわる龍の姿のように山が連なっているのがわかります♪
そんな伝説にも登場する片瀬山は過去には、遊園地があり江の島までロープウェイを引く計画もあったそうです。
実現していたら、江の島に恋焦がれる龍にとっては良かったことかもしれませんね(*゚v゚*)。
その後1970年代三井不動産によって開発され、街並みの美しい富士山と海をのぞむ藤沢随一の分譲地となったのです。
10308291_863028893793321_9106021608208713760_n
藤沢市片瀬山  最寄駅:湘南モノレール「片瀬山」駅。

湘南で家さがしならこちら

ぽかぽか陽気に誘われて・・・♪

ぽかぽか陽気に誘われて、穏やかなランチタイムです♪
鎌倉市腰越に本店がある釣り船「池田丸」の稲村ガ崎店。
お魚はすべて腰越沖の地魚で鮮度抜群の状態でお店に並びます。
腰越の本店の方は、釣り船屋さんがやっている定食屋さんといった感じでお店の外壁には大漁旗が架かり、和室にテーブルが並んだ簡素な店内。
一方こちらの稲村ガ崎店はもともとベーカリーレストランだった場所を改装したそうで、ちょっとお洒落な雰囲気で磯料理を食べることができます♪
窓の外にはなんだかもう夏のような色をした海が広がっていましたよ。
桜の開花宣言もあり、すっかり暖かくなったかと思ったら、また夜には冷たい北風が吹き荒れ小雨がぱらついていました。
昔から〈芽吹く季節〉には体調を崩しやすいと言われていて、この時期の気温の変動には心身の体調がわるくなりやすいんだそう。
また卒業や入学など環境の変化がある方もどうぞご自愛してお過ごしくださいね。
17326_862174517212092_8709575109710887120_n
鎌倉市稲村ガ崎  最寄駅:江ノ電「稲村ヶ崎」駅。

湘南で家さがしならこちら