うみのほてる🌊

今年7月に葉山にオープンした
「うみにあいにいく」がコンセプトの【うみのホテル】

吹き抜けの開放的なロビーラウンジには、
葉山の海が見える大きな窓。

海を感じ、葉山の街とゆるやかにつながりながら、
大きなソファーやのんびりできる小上がりでゆったり過ごすことができます。

うみや葉山に魅せられたアーティストの作品や
オリジナルセレクトの心地よい音楽が「うみのホテル」を彩ります。

葉山の海岸で拾いあつめた流木のオブジェや、
光あふれる色彩豊かなアートに、うみの余韻を感じられます♪

ラウンジはcafe&barにもなっていて、
宿泊客以外の方やローカルも集うにぎやかで開放的な空間。

くつろいだりおしゃべりしたり、気分のおもむくまま時間を過ごしたりでき、
海にまつわるドリンクや新鮮な三浦野菜を使ったこだわりの料理も味わえます。

葉山の海の引き込まれるような水平線、夕暮れを
ずっと眺めていたくなるような大きな窓の客室や、
遊ぶことを重視したコンパクトな客室など、
滞在期間や目的に合わせて過ごせるお部屋はどれもおしゃれな空間^^

大浴場と小浴場があり、大浴場からは江ノ島や富士山を望み、
小浴場からは森戸海岸を一望できます。

最上階から眺める湘南の夕景の美しさは圧巻ですね♪

葉山町堀内  最寄駅:JR横須賀線「逗子」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

冬至⛄

本日から「冬至」
1年の中で一番日照時間が短くなる時期です。

翌日から日照時間が長くなってゆく冬至の日は
「一陽来復」という特別な日として、
古来より太陽が生まれる日とされてきました。

世界が生まれ変わる区切りの日として、
再び力を取り戻した太陽にあやかって、
いろいろな願掛けをすることも多かったようです。

その願掛けの代表的なものが、
「冬至に柚子湯に入りカボチャを食べて風邪をひかないことを願う」
というものです。

やるかやらないかは別として、
今でも語り継がれている風習ですね^^

今日の湘南は寒いですし、
みなさんも柚子湯に入って身体を温めてはいかがでしょうか。

写真は腰越海岸から見た日の入りです。
寒い時期ですが、これからだんだん日が長くなると思うと
嬉しくなりますね♪


鎌倉市腰越  最寄駅:江ノ島電鉄「腰越」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

セーリングワールドカップ⛵

先週からスタートしているセーリングワールドカップシリーズ江の島大会。

平日は予選レースが行われ、
明日、明後日はついに決勝レースが行われます。

大型ビジョンでレースの生中継が行われるほか、
グルメブースや豪華賞品が当たる大抽選会など、イベントも盛りだくさん♪

15日土曜日にはかながわ太鼓の伝統舞踊や
アーティストのクリスタルKさんのライブが行われます。

最終日は、バトン協会とマーチングバンドによる合同演目、
フェスティバルテーマ曲演奏、
ダンス江ノ島NHK横浜スペシャルステージ、
健康体操セーリング編、ポケモンステージショーなど
様々なイベントが行われます。

沖に並んだヨットを応援するのは難しいですが、
湘南港から出入りするヨットがとても身近に感じられます。

ヨットハーバー先端の白灯台のところでは、
競技を終えた選手が目の前を通り、
「お疲れ様!」と声をかけるとヨットから手を振ってくれたりと
臨場感を楽しめました♪


セーリングワールドカップシリーズ江の島大会
藤沢市江の島  最寄駅:小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

江の島岩屋洞窟🎐

この時期は江ノ島岩屋洞窟に灯籠と風鈴が飾られています。

昨年の10月に台風の影響を受け閉鎖されていた岩屋洞窟は
今年の春から再開されています。

長い時間をかけて波に侵食されてできた洞窟は、
第一洞窟と第二洞窟に分かれていて、
伝説によると、ここから7、80kmは離れている
富士山の近くにある富岳氷穴までこの洞窟はつながっているんだとか。

なんだか神秘的ですね♪

第一洞窟から第二洞窟にわたる途中、青い空が見えてホッと一息。

そこにこの風鈴たちが下げられていて、日本各地のもので音色も様々です♪

第一洞窟は江ノ島神社発祥の場所とされていて、
第二洞窟の奥には江の島伝説の龍がいます。

「天女と五頭龍」という江の島生まれの伝説のお話があるのはご存知ですか?

昔々、鎌倉の深沢山中の底なし沼に5つの頭を持つ悪霊が住み着き、
住民を苦しめていたんだそう。
子供を生贄にとられることから、
この地を「子死越(こしごえ)」と呼び、恐れられていました。
ある日、子死越の海上に何日にもわたって、密雲がたれこめました。
そして天地が激しく揺れ動いた後、天女が現れ、
雲が晴れると今まで何もなかったかのように1つの島ができていました。
これが現在の江の島です。
天女の美しさに魅せられた五頭龍は結婚を申し込むのですが
悪行がやむまではと断られてしまいました。
この後に、龍は心を改めて結婚できたそうな。

この天女こそが、江ノ島で祀られている弁財天なんだそうです。

江の島には、いろいろな伝説が眠るほか、
海も自然もあり1年を通して観光客が多い湘南の人気スポット。

岩屋洞窟まで歩くのは結構大変ですが、
ぜひ訪れてみてください^^


藤沢市江の島  最寄駅:小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

江の島バリSUNSET2018🌴

8月18・19日に、江ノ島のシーキャンドルが
インドネシアのバリ島のようになるフェスティバル
【江の島バリSUNSET2018】が開催されました。

神々の島バリ島の魅力を五感で体感できるバリフェス。

サムエルコッキング苑内は、
インドネシアのバリ島のような南国系の樹木に包まれ、
湘南の青空と海を眺めながら、
インドネシアのグルメやバリ雑貨などでプチバリ体験ができちゃいます^^

地元湘南を中心に活動する舞踊グループの出演のほか、
日本インドネシア国交樹立60周年を記念し、
バリ島よりインドネシア国立芸術大学デンパサール校の優れたメンバーが
来日しました。

ガムランの生演奏と共に見応えある、本場のバリ舞踊をみることができます♪

秋の気配を感じる空気の中、
素晴らしいSUNSETも見られました♪


江の島バリSUNSET
藤沢市江の島  最寄り:小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

逗子海岸夕景🌅

逗子海岸の夕景です♪

江ノ島と富士山と夕陽に染まる湘南の空‥
湘南に住んでいてよかったなあと思える瞬間です^^

昨日今日と比べると湿度が約半分の湘南。

週末まではカラッと気持ちの良いお天気が続きそうです^^

暑さも落ち着き、セミの鳴き声も小さくなりつつあり、
秋を感じることが多くなってきましたね。

お盆の時期も過ぎ、8月もいよいよ終盤。

湘南の夏の終わりは淋しく感じますが、
お天気が続いている湘南は
まだまだたくさんの人でにぎわっていますよ♪

海沿いの134号線は渋滞が多くみられるので、
車を運転される方は十分気を付けて、湘南を満喫してください。


逗子市新宿  最寄駅:JR横須賀線「逗子」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

Pacific DRIVEーINモーニング🍹

七里ガ浜駐車場にあるPacific DRIVEーINのモーニング♪

夏の間は平日でも8時からモーニングがあるのはご存知ですか?

モーニングに行くとドリンクがセットになって
とってもお得です^^

以前は10時半まででしたが、今は10時50分までになったそうですよ!

20分の違いですが、とっても利用しやすくなった気がします。

湘南の海一望のテラスでアサイーボウルをいただいたら
素敵な夏の1日が始まりますね♪


Pacific DRIVE-IN
鎌倉市七里ガ浜東  最寄駅:江ノ島電鉄「七里ガ浜」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

当社のお客様プレゼントとして好評の「湘南夏景色2018」写真プレゼントのご当選者の発表です。

5~7月で開催された、弊社契約フォトグラファー・市川紀元氏の撮影による「湘南夏景色2018」写真プレゼント企画。額装も、作家ハンセン神谷氏によるハンドメイドの一点もので、優しさに溢れています。
昨日は、その抽選会が厳正に行われ、56組のお客様のエントリーの中から、次の8名のお客様がご当選されました。
エントリーをいただきました皆さま、誠に有難うございました。
また、ご当選された8名様、おめでとうございました。
追って、弊社担当者よりご報告と写真のお渡しをさせていただきますので、お楽しみにされてください。

①「夏の朝の七里ヶ浜」
【ご当選者】
藤沢市大鋸をご購入のA様(担当者:畠山直之)
三浦市三崎町六合をご購入のO様(担当者:佐藤巧)

②「夕日に赤く染まる鵠沼海岸」
【ご当選者】
茅ヶ崎市東海岸南をご購入のY様(担当者:吉田淳)
二宮町山西をご購入のM様(担当者:海野一徳)

③「夕日を浴びる白杭と鵠沼海岸」
【ご当選者】
茅ヶ崎市赤羽根をご購入のT様(担当者:幡谷淳)
横須賀市佐島の丘をご購入のS様(担当者:富樫卓弥)

④「夏の江ノ電と鎌倉高校前」
【ご当選者】
鎌倉市七里ガ浜東をご購入のS様(担当者:富樫卓弥)
茅ヶ崎市赤羽根をご購入のS様(担当者:朝田誠)

龍の口竹灯籠🌠

日本の夏の風物詩のひとつ「灯籠」。

そもそも灯籠とはどんなものかご存知でしょうか?

灯籠という漢字の「灯」は明かりを、「籠」はカゴを表します。

中に灯すロウソクなどの明かりが風で消えないように、
竹、木、石、金属などで作られた枠を紙や布で囲って作られており、
中から漏れ出す幻想的な光が印象的です。

灯籠流しに使われる灯籠は水に浮かべられるような
小さめで素朴な風情のある美しい照明です。

日本人の生活には、祖霊信仰といって自分の祖先を祀る行事が根付いています。

お盆には特別なお供え物をして
祖先の霊をもてなしたり、お墓参りをしたり、
そしてお盆の終わりには「送り火」といって、
祖先の霊が帰っていくのを明かりを灯して見送ります。

灯籠流しはこの送り火の一種であり、
祖先がいつも見守ってくれていることへの感謝の気持ちを込めて、
お供え物などと一緒に灯籠を川や海に流すのがならわしとなっています。

また、先祖を祀るという意味だけにとどまらず、
平和祈念や鎮魂のイベントとして灯籠流しが行われることもあります。

昔は川や海に流しっぱなしにされていた灯籠ですが
現代では環境への配慮から
水面に浮かぶ灯籠を回収したりするなどの対応がとられている場合もあるようです。

また龍口寺のように灯籠流しに代わり、
境内にてロウソクを灯して灯籠供養を行うなど
時代とともに供養の仕方も変化してきています。

灯籠の本来の意味を理解すると
より一層にこの灯りが風情ある美しいものに感じられそうですね♪


藤沢市片瀬  最寄り:江ノ島電鉄「江ノ島」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!