SHONANPHOTOcafe☕

鎌倉市腰越。
江の電がコトコト前を通るカフェ【SHONANPHOTOcafe】
ができました^^

外観は腰越っぽくない?シックなスタイルで、
店内の壁やテーブル、いすなどもすべてモノトーンでキリっとしていて
おしゃれさが際立ちます。

扉はすべて開け放たれており、
道路と店内の境目がなく、とても開放的。

お店のすぐ目の前をコトコトと江の電が通過する風景は腰越の景色ならでは。

フォトカフェというだけあって印象的な海や風景写真の数々が並び、
ゆったりとした時間が流れます。

お食事メニューは、バルカン半島のセルビア料理がメインで、
サンドイッチやハンバーガーがあり、
モーニングやランチメニューもあります。

さらに、大きなワインセラーもあり、リーズナブルで種類豊富なワインも楽しめます。

テラス席で街並みを眺めながらワインを飲む、、
なんて休日もいいですね♪


鎌倉市腰越  最寄り駅:江ノ島電鉄「腰越」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

誠蓮🍃

藤沢市の鵠沼藤が谷、
大きな池と道を挟んだところにある桜小路公園。

この公園付近一帯は
昔は鵠沼の地名の由来といわれる『沼』が7つもあったようですが、
時代と共に埋められ、残されたのは3つの蓮池だけ。

この貴重な場所を残そうと住民が運動を起こし、
長い期間の努力が実り、現在のような公園になったそうです^^

住宅地の中にあって自然を楽しめる公園は数少ないですよね。

池ではザリガニ釣りができるので、
親子連れでザリガニ釣りを楽しむ人の姿もみられます。

池を覗いてみると、メダカの姿も。。
生き物観察には最適です♪

今の時期は蓮の花が咲き始め、
雨の中でも住宅街に華やかな印象を与えてくれます。

第一蓮池では舞妃蓮(まいひれん)、
第二蓮池では誠蓮(せいれん)が咲き始めています。

写真は第二蓮池の誠蓮。

舞妃蓮に比べ濃いピンクで花びらもしっかりして見えます。
近くの池でありながら、全く違う印象の蓮が見られるこの季節。

朝のお散歩も楽しくなりますね♪

藤沢市鵠沼藤が谷  最寄駅:江ノ島電鉄「柳小路」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

Cafe Grand Line🐟

江ノ電江ノ島駅からすぐの場所にある
【Cafe Grand Line】

このグランドラインという名前、
どこかで聞いたことがあるような‥

実はこの名前、あのワンピースで描かれている
「偉大なる航路(グランドライン)」から名付けられているそうです。

店主さんは大のワンピースファンだそうで、
天井の開放的な店内にはワンピースグッズが数多く散りばめられています♪

しかもワンピース単行本が全巻揃っている店内。

ワンピースを読みに訪れるお客さんも多いんだとか。

写真は人気メニューのひとつサバサンド。

分厚いサバが挟まったサンドイッチで、ボリューム満点。

脂のサバの風味がバゲットにも染み込み、
ジューシーな噛み応えが楽しめます。

先日テレビ番組「ぶらぶらサタデー」でも紹介されたそうです^^

江の島に来られた際は足を運んでみてはいかがでしょうか♪


Cafe Grand Line
藤沢市片瀬海岸  最寄駅:江ノ島電鉄「江ノ島」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

花粉光環💐

昨日今日と久しぶりに気持ちのいい快晴になりましたが、
花粉が多く飛んでいて花粉症の人には辛い時期ですね。

そんな昨日は関東の各地で、
太陽の周りに何重にも虹色に彩られる【花粉光環】という
珍しい現象が見られました。

美しい現象ですが、実はこれは花粉が大量に飛散している証拠です。

「回折」という現象によって光が曲げられたり、散乱したりしている為、
虹色に見えるのだそう。

太陽の光が雲の粒や花粉の粒などの障害物にぶつかると、
それぞれの波長に応じて、障害物の後ろにまわり込むように曲がります。

曲がった光は、ちょうど輪を描くように集まります。

この時、赤系の光ほど大きく、青系の光ほど緩やかに曲がるため、
赤色を外にして虹色の輪ができます。

実際に花粉光環を見られたら綺麗でうれしくなりそうですが、
花粉症の人にとっては花粉が大量に飛散しているサインなので、
しっかりと対策を行うようにしましょう。

今日も花粉光環が見られる予報がでているので
花粉症の方は気を付けておでかけください。


鎌倉市稲村ガ崎  最寄駅:江ノ島電鉄「稲村ヶ崎」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

Le beau temps🌭

昨年6月にオープンした腰越のパン屋さん
「Le beau temps(ルボートン)」

店名の「ルボートン」はフランス語で「雨のち晴れ」という意味だそう。

お店のシックな黒と木目でおしゃれな外観で、
店前にはベンチがあり休憩できたり、
地元の人の自転車が停まっていて【町のパン屋さん】という雰囲気♪

広めの店内の陳列棚にはたくさんの種類のパンが並んでおり、
香ばしい匂いで幸せな気持ちになります^^

ルボートンは総菜系のパンの種類が多く、
メンチカツ、コロッケ、フィッシュフライ、照り焼きチキン、サーモン、
エビカツ、焼きそば、ソーセージなど、
そのまますぐに食べられるおかず系パンが魅力です。

毎日100種類以上焼いているそうで、種類も豊富、
また日によってパンの種類も変わります。

鎌倉に行った際は足を運んでみてください♪


鎌倉市腰越  最寄駅:江ノ島電鉄「腰越」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

すずめさん🐥

江ノ電江ノ島駅の改札口を出たところに
すずめさんがいますよね^^

急いでいると見落としてしまいそうですが、
このすずめさんが季節ごとに衣替えをしているのも
地元の方には有名な話かもしれません。

このすずめさんの小さな可愛い衣装は、
すぐ横にある売店に昔勤めていた女性が作っているそうです。

冬の時期、売店の目の前のすずめが寒そうに見え、
なにか着せてあげたいと思ったのが始まりだったそう。

江ノ島駅を利用される際は
可愛い衣装のすずめさんにも注目してみてください♪

地元民から観光客まであたたかい気持ちにさせてくれます^^


藤沢市片瀬海岸  最寄駅:江ノ島電鉄「江ノ島」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

湘南韓バルGOKAN🍺

一昨年の10月に湘南にやってきた
江の島では数少ない韓国料理店
【湘南韓バルGOKAN】

江ノ電の江ノ島駅から
スバナ通りを江ノ島方面に5分ほど歩くと見えてきます。

スバナ通りの白壁にオレンジが映えるおしゃれな外観です♪

店内はブリキのオブジェや薄暗い間接照明、
ずらりと並んだワインがいかにも洋風ですが、
元気の出るオレンジ色がどこかコリアン。

洋風バルと韓国料理がいい感じで融合しています。

料理のお味は本格的な韓国料理ですが、
盛り付けが綺麗で女性向け?で男女問わず人気なのではないでしょうか。

メニューはスタンダードな韓国料理から、
鎌倉・江ノ島の七福神巡りをモチーフにした「七福神ビビンパエリア」
サーフボードをイメージした「湘南チヂミ」
前代未聞!黄金色した「黄金チゲ」
などのオリジナルメニューもあるそうです^^

そして夜はディナーメニューとお酒が楽しめる韓バルに!

店名にもある韓バルの名の通り、ディナーメニューだけではなく
お酒も豊富にあります♪

江の島からの帰り道、
江ノ電にむかう途中で一休みもおすすめです♪


湘南韓バルGOKAN
藤沢市片瀬海岸  最寄駅:江ノ島電鉄「江ノ島」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

Pacific DRIVEーINモーニング🍹

七里ガ浜駐車場にあるPacific DRIVEーINのモーニング♪

夏の間は平日でも8時からモーニングがあるのはご存知ですか?

モーニングに行くとドリンクがセットになって
とってもお得です^^

以前は10時半まででしたが、今は10時50分までになったそうですよ!

20分の違いですが、とっても利用しやすくなった気がします。

湘南の海一望のテラスでアサイーボウルをいただいたら
素敵な夏の1日が始まりますね♪


Pacific DRIVE-IN
鎌倉市七里ガ浜東  最寄駅:江ノ島電鉄「七里ガ浜」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!

龍の口竹灯籠🌠

日本の夏の風物詩のひとつ「灯籠」。

そもそも灯籠とはどんなものかご存知でしょうか?

灯籠という漢字の「灯」は明かりを、「籠」はカゴを表します。

中に灯すロウソクなどの明かりが風で消えないように、
竹、木、石、金属などで作られた枠を紙や布で囲って作られており、
中から漏れ出す幻想的な光が印象的です。

灯籠流しに使われる灯籠は水に浮かべられるような
小さめで素朴な風情のある美しい照明です。

日本人の生活には、祖霊信仰といって自分の祖先を祀る行事が根付いています。

お盆には特別なお供え物をして
祖先の霊をもてなしたり、お墓参りをしたり、
そしてお盆の終わりには「送り火」といって、
祖先の霊が帰っていくのを明かりを灯して見送ります。

灯籠流しはこの送り火の一種であり、
祖先がいつも見守ってくれていることへの感謝の気持ちを込めて、
お供え物などと一緒に灯籠を川や海に流すのがならわしとなっています。

また、先祖を祀るという意味だけにとどまらず、
平和祈念や鎮魂のイベントとして灯籠流しが行われることもあります。

昔は川や海に流しっぱなしにされていた灯籠ですが
現代では環境への配慮から
水面に浮かぶ灯籠を回収したりするなどの対応がとられている場合もあるようです。

また龍口寺のように灯籠流しに代わり、
境内にてロウソクを灯して灯籠供養を行うなど
時代とともに供養の仕方も変化してきています。

灯籠の本来の意味を理解すると
より一層にこの灯りが風情ある美しいものに感じられそうですね♪


藤沢市片瀬  最寄り:江ノ島電鉄「江ノ島」駅

*★湘南で家さがしならこちらへ★*
ザ・湘南物件タイムズ
湘南の家さがし
We Like Enoden!