湘南移住ポータルサイト|ザ・湘南物件タイムズ
「本格的な茶室や縁側のある和の暮らし 居心地のよさを追求しました。」

吹抜けの玄関ホールは開放感たっぷりです。

縁側に水屋を設置して本格的な茶室を造りました。

既製品とは違い、家の雰囲気にぴったりな棚に仕上げることができました。

担当者:家づくりでこだわった点を教えてください。

オーナー様:注文住宅で建築したので設計にこだわった分、大変満足できました。まず、家の顔とも言える玄関ですが、ただ靴を脱ぎ履きする場所ではなく開放感と雰囲気のある空間にしたかったので、吹き抜け部分にフィックス窓を取り入れ、自然光がたくさん入る設計にし、壁面も外壁の仕上げ法としてよく使われているスタッコ仕上げの塗り物にすることで凹凸の模様を持つデザインは高級感を演出してくれます。

リビングや2階居室には大きな出窓を採用しました。室内を明るくする以外にも飾り棚としてインテリアスペースにも使えますし、出窓部分の奥行スペースを有効活用したかったのでリビングには造作棚を設置しました。造り棚は既製品とは違い、家の雰囲気にぴったりな棚に仕上げることができるのがポイントです。

また、収納はたくさんあっても困るものではありません。キッチンの背面収納や2階の洋室にはタンスが入るくらいの広いウォークインクローゼットがあるので大きな家具を置くことなくスッキリと生活をすることができました。

そして、縁側には本格的に茶室としても使えるように水屋を設けました。和室は伝統的な日本建築の美しさや趣がありますよね。例えば家族や友人などを招いて食事をしたあとにお茶を淹れ、ホッと一息ついたり、横になってくつろいだりと畳ならではの良さがあります。

担当者:実際に暮らしてみていかがでしたか?

オーナー様:太陽の光にキラキラ輝く小坪の海、緑の多い変化に富んだ地形に閑静な住宅地、古都鎌倉への近さに魅了され、この土地の購入を即断したのが大正解でした。鎌倉や逗子までどちらもバス10分程度とアクセスも良く、住み心地は思っていた以上に良かったですね。休日にはいくつものハイキングコースを歩いたり、夏には材木座海岸へ水着のまま出かけたり、鎌倉の花火大会を自宅から楽しんだりと、ここに住んでいるからこその特権でした。お買い物は鎌倉のレンバイ(農協連即売所)で新鮮な野菜が揃い、そして小坪の魚市場では漁港取れたての魚を安く入手できるので、とくに魚をさばく包丁の腕が上がりました。

担当者:これからここに住まれる方へメッセージをお願い致します。

オーナー様:これから住まれるご家族の方には安心して気持ちよく過ごせるように内装もしっかりリフォームを施しました。自然に囲まれた鎌倉や逗子の湘南ライフを、一年を通じて満喫してください。逗子の中でも小坪は鎌倉と逗子の両方に近いので、日常の生活にも不自由致しません。

物件の詳細をご案内しましょう。


物件番号 78-16783

このページを印刷