湘南移住ポータルサイト|ザ・湘南物件タイムズ
「諸磯湾から見た富士山、水面に浮かぶヨットとマッチして一枚の絵になります。」

担当者:購入までのエピソードを教えてください。

オーナー様:週末ヨットをするために、都内から湘南に通っていました。諸磯にこだわっていたわけではありませんが、湘南エリアにあるヨットハーバーは、なかなか空きがないんです。購入する条件としてはヨットハーバーが近くで、空きがあること。二つめは所有権の物件であること。あとはレースの荷物をしまえる広さの物件が条件でした。諸磯で海に面したこの一帯はほとんどが借地権の土地なので、このビルが売りに出されたときは所有権なのかを最初に確認したほどです。ここは、海や富士山が見える以外にお部屋からマリーナに停泊している自分のヨットまで見えるんです。私にとって100%の場所だったので、他の物件を一切見ることなく即決しました。

担当者:三浦市諸磯の魅力を教えてください。

オーナー様:都心から車で約1時間ほどのアクセスの良さです。国内でも有数の規模と歴史を誇るマリーナーが多数点在し、諸磯湾の山々に囲まれた静かな入り江に広がり、ヨット好きにはたまらないエリアです。その諸磯湾の道路わきには富士山を写そうと大勢のアマチュアカメラマンの列ができます。また、富士山の頂上に太陽がかかると、それまで静けさだった諸磯湾は拍手喝采が起こります。そして太陽が沈んだ後は見事な赤富士が。富士山を美しく見ることができるポイントの一つで、ここでしか味わえない感動のロケーションが待っています。

担当者:この広い空間でどのような暮らしをしていたのですか?

オーナー様:4階がプライベートルーム、3階はパーティースペースとして私たちは使用していました。パーティスペースは約42帖。広間でお客様をおもてなしし、趣味の枠を超えて新たな関係を築くことができました。ドラムを設置したのもバンドを呼んで生演奏をしてもらったり・・・冬には薪ストーブを囲いながらお酒を楽しみ、夏は海を見ながら屋上ルーフバルコニーでバーベキューをしたり、ストレスなく走りまわれる広さなので子供たちにとっても、快適に過ごせる空間だと思います。
お部屋を作りあげるには費用も手間も時間もかかりましたが、自宅の半分近いスペースを自分の趣味で使い、楽しく過ごせたのは一番の幸せでした。

担当者:これからこのビルを購入される方にメッセージをお願いします。

オーナー様:1階はヨットレースで使用する荷物を倉庫代わりとして使用していましたが、2階の店舗は手をつけずにそのままの状態となっております。建物が大きいので1階と2階の使い道をどうするか悩まれる方もいらっしゃると思いますが、元々イタリアンレストランだったので厨房やカウンターを生かしてご自分でレストランを経営したり、工房にしてみたり、またはテナントで貸したり、使い道はそれぞれあると思います。そしてリゾートマンションのオーナー気分を味わえると思います。

物件の詳細をご案内しましょう。


物件番号 No.76-14837

このページを印刷